秩父鉄道で踏切事故 立ち往生の軽乗用車と衝突、けが人なし/長瀞

秩父鉄道で踏切事故 立ち往生の軽乗用車と衝突、けが人なし/長瀞

 14日午後3時半ごろ、長瀞町長瀞の秩父鉄道秩父線踏切で、羽生発三峰口行き普通電車(3両編成)が立ち往生していた軽乗用車と衝突。軽乗用車は大破したが、運転手や電車の乗員乗客約20人にけが人はいなかった。
 秩父鉄道によると、運転士が踏切内の軽乗用車に気付き、非常ブレーキをかけたが間に合わなかった。乗客は徒歩で長瀞駅まで移動し、電車は午後6時半に運転を再開した。
 事故現場の踏切は警報機と遮断機のない第4種踏切で、幅は1・8メートル。近所に住む男性(83)は「すごい音がしたので、外に出たら車が引きずられていた」と驚いた様子で話していた。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

埼玉新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

08時10分更新

埼玉のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索