秋田市教育委員会の臨時校長会が20日、同市茨島の市教育研究所で開かれ、春休み期間(23日〜4月5日)と休み明けの学校対応について確認した。入学式に保護者出席を認め、離任式は各校の判断で行うこととした。スポーツ少年団の活動と部活動は、春休みいっぱい休止することを申し合わせた。

 冒頭、市教委の嶋崎公人教育次長が2日からの臨時休校措置を振り返り、「感染拡大防止に一定の効果があった。各学校の配慮に感謝する。今後は通常の学校生活に戻れるよう段階的に対処していく」と述べた。