佐竹敬久知事は4日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための休業要請について「可能な限り解除したい」と述べた。秋田魁新報の取材に答えた。

 秋田県は5日、対策本部会議を開き、休業要請の解除を含め新たな緊急事態措置を決める。現在は幅広い業種を対象にしており、どこまで解除するかが焦点になる。佐竹知事は休業要請の解除に関し、「県境間の移動を防ぐ必要があり、隣県と調整する。国の方針も踏まえて決める」と語った。