秋田県北秋田市阿仁比立内の国道105号沿いの酒店前で、マスクを着けた木彫りのクマが客を出迎えている。男性店主(47)は「見た人が新型コロナウイルスの感染拡大防止の意識を高めるきっかけになれば」と期待を込める。

 木彫りのクマがいるのは酒類や食品、日用雑貨を扱う「秋林商店」。市内のチェーンソーアート愛好家が制作したもので、10年ほど前から店の“看板クマ”として親しまれている。