秋田市の仁井田地区コミュニティセンターが29日開館し、住民のスポーツやサークル活動の拠点となる。27日にセレモニーを行い、関係者41人が開館を祝った。

 鉄骨平屋建てで、延べ床面積約792平方メートル。屋内スポーツのできる多目的ホールのほか、サークル活動や会議のできる和室と洋室各2室、調理室などを備える。玄関前と裏手には同地区の特産である秋田フキの畑を設け、6月に開く「あきた大蕗(おおふき)まつり」などに活用してもらう予定。