菓子の製造販売を手掛ける秋田県羽後町の「お菓子の泉栄堂」(泉恵子社長)は5日、敷地内の空き家を活用し「茶房 Sen(せん)」をオープンする。新型コロナウイルスの影響で観光客向けの販売が落ち込む中、出来たての菓子を味わえる空間を新たに設けた。

 同社は県内の土産品店に菓子を卸しているほか、旅行会社と提携して観光バスの乗客向けの菓子販売も行っている。だが、新型コロナの影響により、こうした売り上げが減少しているという。