蒲田の餃子御三家の1軒。オーナーの山崎英理子さんは、『你好(ニイハオ)』の八木功さんの妹。兄から教えてもらったレシピにアレンジを加えた羽根付き焼き餃子は、今では蒲田グルメの代名詞になった。豊富なメニュー、気さくな接客、リーズナブルな価格も魅力だ。

蒲田グルメの代名詞となった羽根付き焼き餃子の元祖

公共施設の1階という立地。周辺にはオフィスも多く、客にはビジネスマンの姿が目立つ。

蒲田駅東口から出て大田区役所を通り過ぎると、壁面に消費者センターと図書館の表示が見える建物が立つ。『歓迎本店』はこの1階にあり、赤い看板と提灯が目印。90席ほどの広い店だが、開店とともに席が埋まり、ランチタイムには行列もできる人気店だ。

テーブル席を中心にした店内。シンプルながら中国料理店らしい雰囲気がある。

店は昭和61年(1986)の開業。オーナーの山崎英理子さんは、蒲田の名店『你好』の創業者である八木功さんの妹。今では蒲田名物となった羽根付き焼き餃子は、英理子さんが功さんの店を手伝っている頃に二人で考案したもの。『你好』とともに羽根付き焼き餃子の元祖といわれるのもこうした理由がある。

旨い、安い、ボリューム満点の羽根付き焼き餃子

店の看板メニューとなっている羽根付き焼き餃子は5個300円と格安。

現在、『歓迎』は直営店が6店舗あり、すべての店の餃子は蒲田の工場で一括して作っている。さまざまな種類の餃子があるが、一番人気はやはり羽根付き焼き餃子。こんがり焼けた羽根は薄くサクッとした軽い食感、一方、手作りの皮はもっちり感があり、ともに味わえば絶妙な食感のハーモニーを楽しめる。豚挽肉と鶏挽肉、白菜、干し大根、ニラ、ネギなどで作った餡は、ひと口食べると肉汁がしみ出てくる。ほんのり感じるショウガの味も爽やかだ。

「歓迎という店名はお客様に対する感謝の気持ちを表したものです」と話すオーナーの山崎英理子さん。

余談だが、すぐ近くにあるイタリア料理の『ベンヴェヌート』も系列店。ここでも『歓迎』と同じ羽根付き焼き餃子を食べることができる。

オリジナルの揚げ茄子餃子も

ふっくらと揚がった揚げ茄子餃子7個960円。ビールのお供に相性ピッタリ!

英理子ママが、「これもおすすめよ」といって出してくれたのが、オリジナルの揚げ茄子餃子。ナスに餃子の餡を挟んで揚げたもので、ナスの挟み揚げの餃子版といったところ。この料理につけるニンニクダレがおいしい。ニンニクダレは水餃子や焼き餃子にも合うので、ニンニク好きな人はスタッフに頼んで出してもらうといい。

店頭に掲示される当日のランチメニューをチェックしよう。

周辺のビジネスマンに人気があるのがランチメニュー。常時5種類ほどが用意され、4種類は日替わりとなるが、定番の醤油ラーメンは、焼き餃子3個・サラダ付きで500円と破格。ちなみにこの日の日替わりランチは、唐揚げの野菜炒め、豚肉と玉葱炒め、レタスカニ炒飯・餃子・サラダ、台湾麺・餃子・ライスで各700円。

マスコミにもよく取り上げられるだけに、店内には訪れた芸能人の写真がいっぱい。

歓迎本店(ホァンヨンほんてん)
住所:東京都大田区蒲田5-13-26 大田区立消費者生活センター1F/営業時間:11:30〜14:00・17:00〜23:00/定休日:無/アクセス:JR・私鉄蒲田駅から徒歩3分

取材・文・撮影=塙 広明