イノベーション・ジャパン2019  大学発ベンチャー表彰2019 表彰式

イノベーション・ジャパン2019  大学発ベンチャー表彰2019 表彰式

東京ビッグサイトで8月29日、30日、国内最大級の産学マッチングイベント「イノベーション・ジャパン2019〜大学見本市&ビジネスマッチング〜」(主催:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)と国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、共催:文部科学省、経済産業省)が行われた。

16回目となる今年は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に伴う準備期間のため、東京ビッグサイトの青海展示棟Bホールで開催。例年とは異なる「仮設展示棟」だった。実質的な会場縮小、また2日目は雨天にもかかわらず、大学見本市とビジネスマッチングエリア全体で約530の出展ブースに、1万4179人(2日間のべ数)が来場した。

また、場内に併設されたメインセミナー会場では「大学発ベンチャー表彰2019 表彰式」も行われ、今後の活躍が期待される優れた大学発ベンチャーを表彰。文部科学大臣賞は、がんのゲノム医療のAIソリューション「Chrovis(クロビス)」の開発とサービスを提供する株式会社テンクー(東京都文京区、代表取締役社長西村邦裕)が、経済産業大臣賞には、次世代有機EL発光材料TADFの開発・製造・販売の株式会社Kyulux(キューラックス、福岡県福岡市、代表取締役社長安達淳治)がそれぞれ受賞した。

なお来年は、「オリ・パラ」開催のため、愛知県国際展示場「Aichi Sky Expo」(常滑市)に会場を移し2020年8月27、28日に開催予定。
(国立研究開発法人科学技術振興機構 本誌編集長 山口泰博)

産学官連携ジャーナル 2019年10月号


関連記事

おすすめ情報

産学官連携ジャーナルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る