データサイエンスのミライを創造する女性の祭典、新宿で開催

データサイエンスのミライを創造する女性の祭典、新宿で開催

東京・JR新宿ミライナタワーで3月22日、データサイエンスの“ミライ”を創造する祭典「WiDS Tokyo@Yokohama City University」(横浜市立大学主催、JSTなどが後援)が行われた。

WiDS(Women in Data Science)は、スタンフォード大学を中心に、2015年から始まった、性別に関係なくデータサイエンス分野で活躍する人材育成を目的とした活動。1年に1回、同大学で行われる中央大会と並行し、世界各地でWiDSを冠した地域大会が開催され、今回は横浜市立大学が地域大会を手掛けた。

第1部のパネルディスカッションでは、WiDSアンバサダーである横浜市立大学データサイエンス学部准教授の小野陽子氏が進行を務め、データサイエンス分野における課題や展望などについての個別発表では、慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科教授の渡辺美智子氏が、データ活用力強化に向けた日本の教育改革について、株式会社サイバーエージェント人材科学センターの向坂真弓氏は、人事視点からのデータ活用事例を、そして株式会社NTTドコモ執行役員でデジタルマーケティング推進部長の白川貴久子氏は、同社の活用事例と併せてAIの使いこなし方を発表。パネル討論で、データサイエンス分野での女性への期待や勧誘などを討議した。

第2部の「アイディア・チャレンジ2019−WiDS Tokyo @ YCU-」では、「新しい働き方」をテーマにし、データに基づく新規性の高い斬新なアイデアを事前に募集。この日ファイナリストに選ばれた、学生の部3組、一般の部3組が発表した。そのなかで、全日空商事株式会社デジタルマーケティングカンパニー事業推進部マーケティングデザインチーム、松川千穂、同坂本浩毅マネージャー(所属は3月22日当時)らの発表では、社内のトイレ利用データを計測した結果に触れ、女性より男性のほうがトイレの時間が長く、午後3時前後にピークを迎えることから、男性はトイレで息抜きをしているのではと話し場内に笑いを誘っていた。最後に、結果発表と表彰が行われ、社内のトイレ利用データを計測して、そのデータから新しいオフィスでの息の抜き方を提案した同社が、一般の部で最優秀賞を獲得した。

全プログラム終了後は、会場を移して「アイディア・チャレンジ」会場賞の結果発表と表彰や懇親会も行われた。

(国立研究開発法人 科学技術振興機構 本誌編集長 山口泰博)

産学官連携ジャーナル 2019年5月15日発行号


関連記事

おすすめ情報

産学官連携ジャーナルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索