宇宙ゴミを減らせ!

宇宙ゴミを減らせ!

世界初の人工衛星による人工流れ星の実現を目指す都内の民間宇宙ベンチャー、株式会社ALE(エール)は、スペースデブリ(宇宙ゴミ)の拡散防止を図る。 

宇宙開発の活発化に従い、宇宙空間では飛行物体が増えることになる。将来これら物体同士の衝突で宇宙ゴミの増殖が想定される。ALEは国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で、小型衛星PMD(運用終了後の軌道離脱)を目的とした導電性テザー(Electro Dynamic Tether:EDT)を用いた装置の開発に着手した。 

EDTは、長いひもを宇宙空間で展開し、地球の磁場を使って人工衛星の軌道を変更する軽量な装置で、豊富な研究開発実績を持つJAXAと組むことで開発スピードを上げる構えだ。また、神奈川工科大学との産学連携によって、軌道上におけるEDTの展開時と軌道降下中において、長尺物体の力学的挙動解析を共同研究する。 

近年、人工衛星の小型化や低価格化に加え、高度2,000km以下の軌道への打ち上げコストが低下し、低軌道の宇宙開発が注目されている。低軌道での人工衛星は、コスト削減のため静止軌道にあるような大型衛星と比較すると、寿命が短いばかりか軌道を変更する能力がないものが多く、ミッション終了後に地球大気に突入するまで宇宙空間に残存する。同時に、人工衛星を軌道に投入した後のロケットの上段も宇宙空間に残存する。これらの物体が地球大気に突入するまでの期間は、短いもので数年、長いものでは数百年となるため、物体同士の衝突確率が年々増加。今後打ち上げ頻度も増すと予想されることからその対策が急がれている。 

装置を人工衛星に搭載することで、ミッション終了後に軌道を降下させ、人工衛星を地球大気に突入させることが可能という。その際、軌道降下に地球磁場を利用するため、例え衛星本体の電源系統が故障していても受動的な軌道降下ができ、衛星本体のデブリ化を防止するというもの。これから打ち上げられる小型人工衛星にあらかじめ搭載することで、宇宙空間に残存するミッション終了後の衛星や故障した衛星の数を減らす。 

(国立研究開発法人 科学技術振興機構 本誌編集長 山口泰博) 

産学官連携ジャーナル 2019年5月15日発行号


関連記事

おすすめ情報

産学官連携ジャーナルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索