【新型iPhone】「初代以来の飛躍」 高級路線で新戦略 生産態勢に不安の声も

 【クパチーノ(米カリフォルニア州)=小雲規生】米IT大手アップルが12日に発表した新製品「iPhoneX(アイフォーンテン)」は競合激化による販売低迷から抜け出すための一手だ。11万円台の価格帯はスマートフォンとしては破格で、低価格帯に力を入れる中国メーカーとの差別化を狙う。ただ、生産態勢を不安視する声もあり、年間2億台以上を売り上げるアイフォーンシリーズの高級化路線が受け入れられるかも不透明だ。

 「初代アイフォーンの発売以来の最大の飛躍だ」

 発表会に臨んだティム・クック最高経営責任者(CEO)は、アイフォーンXの性能に胸を張った。

 10年前に発売された初代はスマホ普及のきっかけとなり、世界の携帯通信のあり方を一変させた。今やアップルの年間売上高約2156億ドル(約23兆7千億円)の約63%はアイフォーンが占める。

 しかしアイフォーンの販売は伸び悩んでいる。2016年に入って販売台数は3四半期連続で前年割れ。また中国市場では地元メーカーとの競争にさらされ、アップル全体の売上高は17年4〜6月期まで6四半期連続で前年比マイナスに陥った。

 アイフォーンの爆発的なヒット作は14年に画面を大型化したアイフォーン6シリーズが最後。アップルはアイフォーンXで画面をさらに大型化し、高精度の顔認証など最先端の技術を駆使して消費者にアピールする狙いだ。

 10万円超の高価格はノートパソコン並みともいえるが、スマホが社会的地位の証しにもなる中国ではかえって消費者を引きつけるとの声もある。一方で、従来通りの価格帯の「8」と「8プラス」も発表し、高価格モデルに手が出ない層にも目を配る。

 ただ、量産の立ち上げは難航。従来の新製品は9月中の予約開始だったが、Xは10月下旬にずれ込み、発売は11月まで遅れた。米紙ウォールストリート・ジャーナルは生産段階でのトラブルが原因の可能性があるとし、供給態勢の不安を指摘。販売の出遅れがクリスマス商戦に悪影響を及ぼす恐れもある。

 アイフォーンXには、スマホ市場を開拓した初代ほどのインパクトがないことも明らかだ。韓国サムスン電子が3月に発表した「ギャラクシーS8」と「S8プラス」は画面サイズがアイフォーンXと同等以上で、目の瞳孔のまわりの膜である虹彩の模様を個人認証の手段に使う。

 クック氏は発表会で創業者のスティーブ・ジョブズ氏の名前を何度も口にし、「今日の発表を誇りに思ってくれるだろう」と自信をみせたが、新戦略の評価が定まるまでには時間がかかりそうだ。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索