ワタミ上期、4期ぶり経常黒字 「わたみん家」全店を「鳥メロ」へ

 居酒屋チェーン「和民」などを展開するワタミは14日、2017年9月中間期の連結経常損益が1億5千万円の黒字(前年同期は9億2千万円の赤字)で、上期として4期ぶりに黒字回復したと発表した。主力業態の総合居酒屋から専門居酒屋、レストランへと100店舗以上の転換を進めたことが奏功し、外食部門の赤字幅が縮小した。

 連結売上高は海外の不採算店の撤退で1・6%減の474億円となったが、最終損益は2億4千万円の赤字(前年同期は13億5千万円赤字)に改善。通期は最終利益1億円(前期は18億3千万円赤字)を見込む。

 国内外食部門は9月末時点で467店舗あり、業態転換した約190店が平均30%超の増収だった。このため、総合居酒屋の「和民」「坐・和民」計154店は高収益店舗を除き新業態「ミライザカ」へ、「わたみん家」42店はすべて来期中に焼鳥専門居酒屋「三代目鳥メロ」へ転換する。

 清水邦晃社長は「来年度には成長戦略を再び描けるだろう」と同日の決算会見で述べた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索