【書評倶楽部】芸人・プチ鹿島 いち早く自立した美しい女…『女子プロレスラー小畑千代 闘う女の戦後史』

【書評倶楽部】芸人・プチ鹿島 いち早く自立した美しい女…『女子プロレスラー小畑千代 闘う女の戦後史』

 女子プロレスと聞いてあなたが思い浮かべるのはマッハ文朱かビューティ・ペアかクラッシュギャルズか。実はそれ以前に日本中を沸かせたのが本書の主人公である小畑千代なのである。

 デビューは昭和30年で「五五年体制」のスタートと一緒。その絶頂は昭和43年11月6日、満員の蔵前国技館で世界王座に挑戦した一戦。試合を中継した東京12チャンネル(現テレビ東京)は視聴率24・4%という開局以来最高の視聴率をたたき出した。小畑はついに成功したのだ。しかし著者が書きたいテーマは他にある。「闘う自立した美しい女」だ。

 小畑以前の女子プロレスは差別されていた。そもそもストリップでの「ガーター争奪戦」が女子プロレスのルーツといわれているように完全な見せ物だった。それをスポーツに変えたのが小畑千代なのだ。下品なヤジを飛ばした客には試合中でも応戦した。

 《男のプロレスがあんなに人気があるのに、なんで女のプロレスが軽蔑されるのか。(略)よし、女でも絶対に世間に認めさせてやる、というのが私の道だった》

 小畑の闘いとは、戦後の女性の闘いの象徴でもあったのだ。本書の一貫した読みどころである。

 興味深いのは、小畑らが基本条約締結前の韓国や復帰前の沖縄で試合をしていることだ。その土地の性格と、ある時期のプロレス興行の姿が重なる。

 《共通するのは、日本(本土)との間に不幸な歴史があり、時に差別の対象になってきた場所ということだ。やくざや芸能界とのつながりが強かったのもこのためだ》

 偏見と闘い続け、いち早く「自立した女」「働き続けた女」。このテーマを描くにあたり、よくぞ小畑千代に気づいたと思う。なお、80歳をすぎた小畑は今も引退を表明していない。(秋山訓子著/岩波書店・1900円+税)

                  ◇

【プロフィル】プチ鹿島

 ぷち・かしま 昭和45年、長野県出身。スポーツから政治まで幅広いジャンルをネタにする「時事芸人」として活躍する。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

生活術の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索