運動会のお父さん 転ばないで、速く走るコツ教えます!

運動会のお父さん 転ばないで、速く走るコツ教えます!

 まもなく秋の運動会シーズン。保護者参加の徒競走やリレーでよく見かけるのが、派手に転倒してしまう父親の姿だ。「子供にいいところを見せたい」。こんな思いが空回りして、けがをするなど残念な結果になるのは避けたいところ。転ばずに速く走るコツを専門家に聞いた。(油原聡子)

                   ◇

◆体が反応しない

 そもそもお父さんたちはなぜ転んでしまうのか。日本ランニング振興機構の講師、高野香織さんは「急に走ろうと思っても、体がなまっていると反応しません。でも、子供にいい所を見せたいと力んでしまい、その結果、足がついていかずに転んでしまうんです」と説明する。

 コース環境が原因のこともある。走路が土や砂だと滑りやすい。また、グラウンドが狭いとカーブがきつく、遠心力に負けて転倒することも。

 まずは、現在の自分の身体能力を把握しておくことだ。若い頃に比べると、筋力や体力は低下しているはず。かつて運動部に所属していた人は、かえって注意が必要だという。「思っている以上に筋力が衰えていることがある。無理をすると、肉離れやアキレス腱(けん)断裂などにつながってしまうことも」と高野さん。

◆腕振り重視で

 “転ばない”ことに気をつけて、しかも速く走るにはどうしたら良いのか。

 走る速さは、ストライド(歩幅)とピッチ(足の回転の速さ)で決まるが、「普段運動していない人がストライドを欲張ると転倒しやすい。ピッチを上げることを意識して」と高野さん。大きな1歩より小幅な2歩の方が距離が稼げるし、土のグラウンドなら、素早く足をさばくと転倒の可能性も小さくなる。

 ピッチを上げるには腕振りが重要。前後にコンパクトに振って、腕と足を連動させる。後ろに振ったときに腕が伸びきらないように、「肘を曲げたまま」を意識する。テンポを測るスマートフォン用アプリなどを使った練習もお勧めだ。腕を振る回数は、最初は1分あたり150〜170で行い、最終的には220〜240でできると良い。

 前のめりの姿勢は転びやすい。背筋を伸ばし、あごを引いた「気を付け」の姿勢が基本になる。走るときは、足の形で数字の「4」を意識して作ると速く走れるという。「正しいフォームなら、速く走れなくても格好良く見えます」と高野さん。手足がバラバラだと転びやすいだけでなく格好悪く見えてしまうという。

◆スニーカーはだめ

 靴選びもポイントだ。スポーツ専門店「エスポートミズノ」(東京都千代田区)のランニングシューズ担当、長谷川淳さんは「スニーカーではなく、スポーツシューズを選んで」と訴える。

 路面が砂や土の場合、滑り止めのあるランニングシューズがお勧めだ。一方、クッション性の高いランニングシューズは、滑り止めの加工はなくても、足への負担が軽減できる。

 やめたほうがいいのがスニーカーだ。「足に合わせて靴が曲がらないと走りづらい」と長谷川さん。走るときは、いつもよりきつく靴ひもを結ぶ。ほどけてしまうときはほこりが原因のこともあり、そんなときはひもを洗うと、ほどけにくくなることもある。

                   ◇

「以前より体が動かない」5割

 子供と一緒に運動会に参加した父親のうち、「以前より体が動かなかった」という回答が5割を超えることが、スポーツ用品メーカー「アシックス」の調査で明らかになっている。

 調査は平成27年12月、子供のいる30〜50代の男性200人を対象に実施。

 それによると、子供と一緒に参加した運動会で(複数回答)、「以前より体が動かなかった」が51%。次いで、「以前より速く走れなかった」(36%)。「転んだ・つまずいた」も7・5%が経験したと回答。若かった頃のように動いたり走ったりできなくなった父親の姿が浮かび上がった。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

生活術の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索