牛乳アレルギーの治療中に心肺停止 学会が注意呼びかけ

 牛乳アレルギーの子供が治療中に激しいアレルギー症状を起こして一時、心肺停止になったとして、日本小児アレルギー学会は14日、同様の治療を行っている全国の医療機関に注意を呼びかけた。

 学会などによると、心肺停止となったのは神奈川県立こども医療センター(横浜市)で牛乳アレルギーの治療を受けていた子供。牛乳アレルギーのほか、ぜんそくの持病があり、アレルギーの原因となる物質に対する耐性を獲得するため、入院して少量ずつ牛乳を摂取し、退院後も適量の摂取を続ける「経口免疫療法」を行っていた。

 しかし、退院から3カ月後、適量の牛乳を飲んだ後に呼吸が止まり、搬送先で心肺停止状態となった。現在は低酸素脳症で治療中だという。同センターは「アレルギー反応に何らかの変化が起き、これまで摂取が可能だった分量に対して急激な反応が起きた可能性がある」としている。

 食物アレルギーに対する同様の治療は同センターで約200人に行われているほか、国内約300カ所の医療機関で広く行われている。学会によると、平成27年時点で8000例近い治療例があるが、低酸素脳症のような重い症状が報告されたのは今回が初めてという。

 学会は全国の実施医療施設に、他に重い症状が現れた事例がないか調査を始めるとともに、経口免疫療法を行う患者の選定基準などを改めて通知。慎重に行うよう求めた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索