菅義偉官房長官は16日の記者会見で、新型のウイルス性肺炎の患者が国内で初めて確認されたことに関し、「持続的な人から人への感染は『明らかな証拠はない』と、WHO(世界保健機関)や国立感染研究所のリスク評価にある」とも語り、爆発的な感染拡大の可能性は低いとの見方を示した。菅氏は、的確な情報提供や検疫の着実な実施など万全の態勢を取る考えも示した。