「今までしていた家事をしなくなってきて、なにをするのも億劫(おっくう)になってきたのです」

 70代の女性が夫に連れられて、もの忘れ外来に来られました。少し前からそのようなうつと思われるような症状があり、家事はほとんど夫がするようになり、買い物も夫が一緒に行き、必要なものを買ってくるとのことでした。

 また、最近のことを忘れてしまうなど、もの忘れの症状もあるため、もの忘れ外来に来られました。少し前に近くの精神科にもかかっていて、うつの症状もあるとのことで、抗うつ薬が処方されていました。

 もの忘れの検査をすると、見当識の障害を認め30点満点中20点と低下していましたが、脳MRIではほとんど異常を認めませんでした。さらに脳血流SPECT検査をすると、アルツハイマー型認知症で特に低下する側頭葉や頭頂葉で低下を認め、アルツハイマー型認知症と診断しました。

 そのため、抗認知症薬の内服を開始したところ、うつの症状は改善し、精神科でもらっていたうつの薬を減らすことができました。しかし、うつの薬を完全にやめてしまうと、うつ症状がまた出てくるため、うつの薬も継続してもらうようにしました。

 この方は、アルツハイマー型認知症とうつ両方が合併していたと考えられ、認知症の薬とうつの薬を飲むことで、今も元気に私の外来を通院されています。

 「今まで好きだったことに興味、関心がなくなった」「家にいることが多くなり、外出しなくなった」「なにごとにも意欲がわかなくなった、億劫になってきた」「活気がなくなった」

 このようなうつと思われるような症状が、うつ病からくるものか、認知症からくるものか、なかなか専門病院でも難しいことがあります。認知症の初期は症状が分かりにくく、この方のように「うつではないか」と思われ、認知症の発見が遅くなる場合があります。

 認知症の患者を多くみる専門医でも、認知症とうつの鑑別が難しい場合があるのです。特にこの方のように、認知症とうつと両方合併している場合はなおさらです。

 認知症の方のうつ症状の特徴としては、漠然とした不安があったり、「失敗したらどうしよう」「いろんなことを忘れていったらどうしよう」「出かけて、まわりに迷惑をかけたらどうしよう」「自分は侮辱されている」という思いが出たりします。

 周りは心配になり、外へ無理やり連れ出そうとしたり、「もっと頑張ってやらないとだめじゃない」と励ましたりすることがありますが、本人は今の状態で精いっぱい頑張っている状態なので、無理強いするとよけいに不安や混乱が増してしまうことがあります。

 うつ症状のある認知症の方には、何かを無理強いしたり、励ましたりしないようにしましょう。薬での治療も大切ですが、本人の気持ちに寄り添った介護、家族のサポートも大切です。

(橋本市民病院 脳神経外科部長 大饗(おわい)義仁)