銚子の死体損壊事件、男3人逮捕

 千葉県銚子市新生町の銚子漁港で昨年9月、男性の切断された胴体が見つかった事件で、県警捜査1課と銚子署特別捜査班は10日、死体損壊と死体遺棄の疑いで我孫子市台田の建築作業員、麻崎康秀(37)、柏市緑台の自称会社員、柳沼光一郎(30)、東京都中野区沼袋の警備員、副島蓮(24)の3容疑者を逮捕したと発表した。調べに対し麻崎、柳沼両容疑者は容疑を否認し、副島容疑者は認めているという。

 逮捕容疑は、昨年8月26日〜9月22日ごろまでの間、茨城県牛久市栄町の職業不明、小野拓也さん=当時(33)=の遺体を刃物で切断し、銚子漁港などに捨てたとしている。同課によると、胴体以外の部分は見つかっていない。

 同課は殺人容疑も視野に犯行の状況や動機などについて3容疑者を追及する。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索