転落死亡事故3人の身元判明 東京・丸の内の建設現場

 東京都千代田区丸の内のビル建て替え工事現場で11日夕、男性作業員3人が死亡した事故で、警視庁丸の内署は12日、死亡した3人全員の身元が判明したと明らかにした。

 身元が判明したのは、いずれも内装工の生川(なるかわ)信一さん(43)=千葉県船橋市中野木、土屋剛(つよし)さん(51)=東京都目黒区原町=と、会社員の小林義行さん(48)=江戸川区南葛西。

 同署によると、11日午後4時15分ごろ、土屋さんが5階のエレベーター設置予定場所で内壁の基礎工事をしていたところ、畳1〜2畳ほどの足場の鉄板が外れて約25メートル下の地下3階に転落。生川さんと小林さんも巻き込まれ地下3階まで転落したとみられる。室内作業だったため、いずれも安全帯や命綱を付けていなかった可能性があるという。

 同署は業務上過失致死の疑いもあるとみて、関係者から事情を聴くとともに、鉄板が外れ落下した原因を調べている。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索