人工岬から海に転落 モンゴル人男性死亡 茨城・鉾田

 11日午後4時50分ごろ、茨城県鉾田市冷水の海岸にある人工の岬「ヘッドランド」付近で、千葉県船橋市海神の技能実習生、ウランバヤル・ニャマトルガさん(23)=モンゴル国籍=が海に転落し、行方不明になった。翌12日午前10時ごろ、茨城県防災ヘリが沖合約50メートルの海面に浮いているウランバヤルさんを発見、救助したが、搬送先の病院で死亡が確認された。

 茨城県警鉾田署によると、ウランバヤルさんは11日、鉾田市内で、友人の女性(23)の誕生日パーティーを友人の男性(30)=いずれも同国籍=と3人で開いた後、ヘッドランドを訪れたという。同署は死因の特定を急ぐとともに、転落した原因を調べている。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索