【スパコン不正受給】経産省職員を任意聴取 東京地検特捜部

【スパコン不正受給】経産省職員を任意聴取 東京地検特捜部

 スーパーコンピューターの開発を手掛けるベンチャー企業をめぐる国の助成金不正受給事件で、助成金を出した新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)を所管する経済産業省の担当者(当時)が、東京地検特捜部の任意の事情聴取を受けていたことが14日、関係者への取材で分かった。業界内では助成金の審査基準を疑問視する声もあり、特捜部は巨額の助成が決定した経緯について説明を求めたとみられる。

 事件では、「PEZY(ペジー) Computing(コンピューティング)(ペジー コンピューティング)」社長の斉藤元章被告(50)らが複数の助成金をだまし取ったとして詐欺容疑で再逮捕されている。NEDOが最初の助成金採択を決めたのは、平成22年1月の同社設立から半年後だった。

 NEDOによると、ペジー社は22〜29年度、5事業でNEDOから助成金を得ており、総額は計約35億2400万円に上る。このほか、ウルトラメモリ社が数億円の助成金を受領。エクサスケーラー社は文部科学省所管の国立研究開発法人から60億円の無利子融資が認められて約52億円が融資されており、立件された助成金を含めて国から計約100億円の資金投入が決まっていた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索