【加藤一二三・九段引退】藤井聡太四段「先生との対局は僕にとって大きな財産」

【加藤一二三・九段引退】藤井聡太四段「先生との対局は僕にとって大きな財産」

 将棋の現役最高齢棋士、加藤一二三九段(77)が20日の対局に敗れ、同日付けで引退となったことについて、昨年12月のデビュー戦で対戦した最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)は「加藤先生、長い間お疲れさまでした。先生と対局し、その迫力ある指し手を体感できたことは僕にとって大きな財産になると思っています。ありがとうございました。これからも様々な方面でご活躍される事を楽しみにしています」とコメントした。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索