囲碁の日本棋院(小林覚理事長)は12日、常務会を開き、昨年6月から自身のツイッターなどで執行部の運営を批判していた依田紀基九段(54)を、対局停止6カ月の処分にすることを決めた。小林理事長は「ファンや関係者に不愉快な思いをさせて申し訳ありません」と謝罪した。

 日本棋院は批判について「事実無根で誹謗(ひぼう)中傷にあたる」として罰則委員会を開き、処分を検討してきた。

 プロ40年目の依田九段は、名人・十段などタイトル36期の実績がある。

 依田九段は弁護士を通じて「6か月の対局停止処分が事実であれば、到底承服しかねます。処分通知が届き次第精査の上、法的措置も含めた対応を検討する」とコメントした。