【大人の遠足】廃校舎や駅舎使い「いちはらアート×ミックス2017」 若手アーティストと市民の作品も

【大人の遠足】廃校舎や駅舎使い「いちはらアート×ミックス2017」 若手アーティストと市民の作品も

 田園風景の広がる房総半島の中部、千葉県市原市の南部で、廃校となった校舎や駅舎などを活用して芸術作品を展示する地域芸術祭「いちはらアート×ミックス2017」が開かれている。一帯は小湊鉄道の沿線。菜の花の黄色と桜のピンク、若葉の緑がまぶしい季節に、自然の息吹とともにアートの息づかいを感じようと足を運んだ。

 廃校が交流拠点

 廃校となった木造校舎の中から子供たちの歓声が聞こえてきた。校舎内には無数のカラフルなチョウが舞い、その間を子供たちが駆け回る。チョウは若手アーティストを中心に、刺繍でチョウ作るワークショップで制作されたもので、総数は1千羽を超える。

 同市宿にある校舎は「内田未来楽校」と呼ばれ、地域交流の拠点として地元の人たちが保存活動に取り組む。同校ではチョウの展示のほか、地元の人たちがカフェを運営したり、様々な楽器のミニコンサートを行ったりする。訪問客と地元の人たちが自然に言葉を交わして談笑する−、そんな空気に満ちていた。

 住民らで保存活動

 月崎駅近くにある「森ラジオステーション」は、今回のイベントチラシの表紙を飾る代表的な作品だ。同鉄道保線員の旧詰所を苔(こけ)や山野草で覆い、おとぎの世界に登場するような異彩を放っている。

 薄暗い小屋の中には天窓から光が差し込み、戸外の風向計と連動した風見鶏が揺れる。古びたラジオが遠隔地のノイズを拾い、不思議なムードを演出していた。「小屋の中でも森の中に居ることを感じられます。森と人をつなぐステーションなのです」。作者でアーティストの木村崇人さんが、作品のコンセプトを説明してくれた。

 この作品は、第1回芸術祭を開催した3年前にも出品されたが、終了後に「残したい」という声がわき上がり、地元の人たちが保存団体「森遊会」を結成、外装の苔や山野草の手入れをしてきた。数人で発足した活動は、今や50人に近い規模という。

 市民参加を刺激

 イベントの開催は、森遊会をはじめとする地域の活動を刺激するのも狙いの一つだ。内田未来楽校も地元で「報徳の会」という会ができ、活動拠点としている。イベントの実行委員会には、アートを通じて地域住民の参加意識を喚起し、町の活性化につなげたい思惑がある。

 実は、3年前の芸術祭は集客に苦戦し、目標の半分にも達しなかった。実行委によると、プロのアーティストによる出展だけだった前回の反省から、今回はイベントのあり方を練り直したという。開催期間も予算も圧縮し、その分「市民がヒーローになる芸術祭」とうたって地域の積極参加を促す。ワークショップを予定するなど、都会と里山の交流を図れるような「仕掛け」を多数企画している。

 実行委メンバーで市経済部の中島雅人参事は「地域の魅力を発信し、市原の認知度を高めたい」と、地域振興が究極の目標だと明かす。住民側も活発な活動で応え、約50の団体が「地域プロジェクト」として出展者側に立つ。

 森ラジオステーションの木村さんは「ここ(市原)の人たちはとにかく元気。地域活動の下地があり、すぐに地域に溶け込んで創作に取りかかれた」と、市原での地域芸術祭の魅力を語っている。

 里山の自然とアートを楽しむだけでなく、地域で活動する人たちのおもてなしの気持ちが伝わってくる。イベントのキャッチフレーズ「晴れたら市原、行こう。」の通り、小湊鉄道に乗ってもう一度里山を歩きたくなる“余韻”が心地よかった。

 (千葉総局 飯村文紀、写真も)

 いちはらアート×ミックス2017 小湊鉄道の各駅(上総牛久、高滝、里見、飯給、月崎、上総大久保、養老渓谷)周辺の7会場で、31組のアーティストと多数の地域団体が出展。5月14日までの会期中に様々なワークショップも予定されている。各会場に入場できる鑑賞パスポートは一般2000円、高校・大学生1000円。中学生以下無料。会期中は無料周遊バスも運行される。【問】実行委員会(電)0436・50・1160。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

14時27分更新

社会のニュースをもっと見る

14時19分更新

経済のニュースをもっと見る

08時10分更新

政治のニュースをもっと見る

11時52分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

10時55分更新

エンタメのニュースをもっと見る

10時03分更新

スポーツのニュースをもっと見る

13時16分更新

トレンドのニュースをもっと見る

11時04分更新

仕事術のニュースをもっと見る

10時45分更新

生活術のニュースをもっと見る

17時46分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索