【森友学園問題】松井一郎・大阪知事「規則に違反していたとまでいえるか、検証する」 府職員処分も視野

 学校法人「森友学園」(大阪市)が開校を目指していた小学校の設置認可をめぐり、大阪府の松井一郎知事は21日、学園の認可申請が府の審査基準を満たさないにも関わらず、認可の可否を議論する府私学審議会にかけていた可能性があるとして、府職員の処分も視野に当時の対応を検証する考えを明らかにした。府庁で記者団に語った。

 学園は平成26年10月、大阪府豊中市の国有地での小学校開設を府に申請。府の審査基準では小学校用地は原則「自己所有」とされ、借地上に校舎を建てることは認められていないが、府は借地の状態で校舎が建てられる見通しであるにも関わらず、私学審にかけた。

 私学審は27年1月、条件付きで「認可適当」と答申。学園は28年6月に鑑定価格より8億円あまり安く土地を購入した。

 松井知事は当時の判断について「規則に違反していたとまでいえるか、検証する」と述べた。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

18時35分更新

社会のニュースをもっと見る

18時26分更新

経済のニュースをもっと見る

17時30分更新

政治のニュースをもっと見る

18時20分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

18時17分更新

エンタメのニュースをもっと見る

18時13分更新

スポーツのニュースをもっと見る

18時14分更新

トレンドのニュースをもっと見る

13時07分更新

仕事術のニュースをもっと見る

09時00分更新

生活術のニュースをもっと見る

12時00分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索