刑務官の隙を突き…法廷から逃走の被告に懲役3年10月 神戸地裁姫路支部

 昨年9月、神戸地裁姫路支部で窃盗罪の公判中に法廷から逃げたとして、逃走などの罪に問われた無職の男性被告(33)の判決公判が21日、同支部で開かれた。裁判官は「逃走によって多数の警察官を出動させ、地域社会に与えた影響は大きい」として懲役3年10月(求刑懲役5年)を言い渡した。

 裁判官は判決理由で「窃盗罪の審理がなかなか進まないことにいらだちを募らせ、逃げたいと考えるようになった」と指摘。「両脇の刑務官がメモをとるために下を向いた瞬間、隙を突いて逃走した」と犯行に至る経緯を述べた。

 判決によると、被告は昨年9月14日、兵庫県姫路市北条の同支部で窃盗罪の公判中、法廷から逃走。近くのマンション敷地内で、靴や自転車などを盗んだ。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

21時09分更新

社会のニュースをもっと見る

19時55分更新

経済のニュースをもっと見る

19時56分更新

政治のニュースをもっと見る

20時42分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

19時37分更新

エンタメのニュースをもっと見る

19時23分更新

スポーツのニュースをもっと見る

20時44分更新

トレンドのニュースをもっと見る

05時59分更新

仕事術のニュースをもっと見る

10時45分更新

生活術のニュースをもっと見る

15時00分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索