刑務所内でソフトボール大会の打順めぐり殴り合い 噛みつき、顔面殴り、腰抱えて投げ…受刑者2人を送検 神戸刑務所

 刑務所内のソフトボール大会の打順をめぐり、受刑者同士で殴り合ったとして、神戸刑務所(兵庫県明石市)は9日、傷害容疑と暴行容疑で、受刑者の40代の男と50代の男をそれぞれ神戸地検明石支部に書類送検したと発表した。調べに対し、2人は「打順をめぐって口論になり、殴り合った」と容疑を認めているという。

 送検容疑は5月1日午後6時ごろ、刑務所の共同室(定員6人)で、40代の男が50代の男の鼻や首にかみつき、顔を10回以上殴るなどして鼻の骨を折るけがをさせ、50代の男は相手の顔を殴り、腰を抱えて投げる暴行を加えたとしている。

 同刑務所によると、2人は刑務所内で開かれるソフトボール大会に出場するチームメート。打順をめぐって口論となり、50代の男が先に手を出した。共同室には他に3人の受刑者がいたという。

 大会は5月1日から6月23日までトーナメント方式で開催され、刑務所内の工場別に編成された複数のチームが参加。殴り合った2人のチームは初日に試合はなく、2人はその後行われた試合に出場できなかったという。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索