SNSのいじめ相談体制を 公明党大阪府議団が大阪府知事に要望

 公明党大阪府議団は、いじめ対策として中高生が多く利用する無料通信アプリ「LINE(ライン)」などのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用した相談体制を早期に構築するよう求める要望書をまとめ、松井一郎・大阪府知事に提出した。

 要望書では、SNSなどがいじめの場となっていると指摘し、SNSを活用した相談窓口の整備を提案した。このほか、私立高校授業料無償化の継続や、府咲洲庁舎を府庁本館がある大手前に統合することも求めた。2025年国際博覧会(万博)誘致に向けては、「説明を尽くし、機運の醸成に努めること」とした。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索