【脳を知る】この季節に増える熱中症 帽子・水分補給・規則正しい睡眠…普段から予防策を

 この季節になると、若い方からお年寄りまで、多数の熱中症の患者が救急外来に搬送されてきます。

 熱中症は、気温や湿度が高い環境に私たちの身体が対応できないことで生じるさまざまな症状の総称です。脱水による体温の上昇と、それに伴う色々な臓器への血流の低下が主な病態です。

 重症の場合、死亡のほか、脳の障害などの後遺症を残すことがあります。気温が25度くらいから患者が発生し、31度を超えると急激に増加します。日射病とは異なり、室内にいても発症します。特に高齢の方は要注意です。

 熱中症の初期の症状は、体温の異常な上昇、めまいや立ちくらみ、失神が代表的です。炎天下や暑い室内でのスポーツ、長時間労働などにより体内に熱がこもり、体温が上昇すると、こもった熱を外に逃がし、体温を下げる目的で、皮膚の血管が広がります。すると全身を流れる血液の量が減少して血圧が下がり、脳への血流が低下し、めまいや失神などの症状を生じます。さらに全身の倦怠(けんたい)感や頭痛、吐き気や嘔吐(おうと)、手足の筋肉の「こむら返り」のような症状を伴うこともあります。

 このような熱中症の可能性のある方を見かけたら、まずは意識の確認を。呼びかけに反応しないなど意識がはっきりしないときは、非常に危険な状態です。すぐ救急車を呼んでください。意識がはっきりしている場合は、次のような対処をお願いします。

 エアコンの効いた屋内や涼しい日陰へ患者を移動させ、横にして休ませます。足を少し高くすれば、心臓への血流が増加して血圧が上がり、脳への血流が改善します。タオルなどで包んだ保冷剤や冷たいペットボトルなどで身体を冷却します。スポーツドリンクなどを飲んでもらい、体内から失われた水分や塩分を補います。自分で飲めない場合や、吐き気などで水分の補給が難しい場合、熱中症が重症化する可能性があるので、直ちに救急車を呼んでください。

 今まで熱中症の対処法をお話ししましたが、熱中症にならないような予防策を普段から立てておくことが重要です。屋内では日差しをさえぎり、風通しを良くし、扇風機やエアコンを適度に利用して気温や湿度の上昇を防ぎます。節電も大切ですが、暑さを我慢してはいけません。衣類は麻や綿など通気性のよい素材を選びましょう。

 外出時は帽子をかぶったり、日傘をさしたりして直射日光を避けてください。常に飲み物を持ち歩き、こまめに水分を補給し、なるべく日陰で過ごし、無理のないように生活しましょう。そして何よりも普段からバランスのよい食事や規則正しい睡眠を心がけてください。特に高齢の方には、このような体調管理が熱中症の予防に極めて重要です。

(県立医科大学 救急集中治療医学・脳神経外科 講師 藤田浩二)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索