「B’z」稲葉浩志さん凱旋公演の巨大看板を一新 岡山・津山市の「誇り」に

「B’z」稲葉浩志さん凱旋公演の巨大看板を一新 岡山・津山市の「誇り」に

 7月22日に行われた人気ロックバンド「B’z」津山凱旋公演を歓迎したJR津山駅(岡山県津山市)の巨大看板が、ボーカルを務める津山市出身の稲葉浩志さんを顕彰する看板に生まれ変わり、新たにお目見えした。

 看板(縦1.8メートル、横5メートル)のサイズはそのままに内容を一新。メンバーの松本孝弘さんとの写真とともに、世界で活躍するトップアーティストとして確立した稲葉さんの功績などを紹介。歴史と豊かな自然をアピールする津山のロゴマークを添えている。

 凱旋公演が行われた当日は、〝聖地〟を目指して全国から5千人を超えるファンらが訪れ、大きな盛り上がりを見せた。官民あげてのおもてなしに、感謝のメールや手紙が同市に多く届いたという。

 看板を設置したおもてなしプロジェクトの事務担当、市秘書広報室は「市民には改めて稲葉さんの出身地である誇りをもってもらい、訪れた人らにはB’zを通して津山の魅力を感じてもらいたい」と期待を寄せた。

 看板は平成31年3月末まで設置される。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索