【関西の議論】「早く起きることが苦痛」塾通い・スマホで体内時計リズム〝崩壊〟、寝不足の子供続出…睡眠教育の効果は

【関西の議論】「早く起きることが苦痛」塾通い・スマホで体内時計リズム〝崩壊〟、寝不足の子供続出…睡眠教育の効果は

 睡眠障害に伴う体調不良で、授業中の居眠りなど日常生活に支障が生じている子供が増えている。「怠け者」と周囲から誤解され、授業にもついていけず、最悪のケースだと不登校になる。兵庫県内の専門医療機関には、全国から睡眠に悩む子供たちが訪れる。塾通いやスマートフォンの長時間利用などで夜型生活に変化し、昼夜のサイクルと体内時計のリズムが合わなくなって体調不良を訴えるケースが多いようだ。教育現場では仮眠の時間を設けるなど、生活習慣を改善する「睡眠教育」の取り組みも進められている。(坂田弘幸)

日本で唯一の子供の入院治療施設

 兵庫県立リハビリテーション中央病院(神戸市西区)の「子どもの睡眠と発達医療センター」には、朝から親に付き添われた小学生から高校生までの来訪者の姿がみられる。「夜に寝付けず、いつも寝不足感がある」「腹痛やめまい、立ちくらみが治まらない」といった症状を訴える子供が多いという。

 同センターは、子供の睡眠に関する専門的な入院治療を行う国内唯一の施設。昨年は全国から延べ約4300人の子供が訪れ、受診した。人によって原因や症状は違うが、多くが睡眠不足による体調不良の状態を表す「睡眠障害」だ。

 具体的な症状として頭痛や発熱、関節痛などの身体疾患のほか、鬱といった精神疾患に至ることも。菊池清センター長は「大人の期待に応えようとする頑張り屋の子供が多く発症している」とした上で、「慢性的な睡眠不足は子供だけでなく大人も体調不良につながる。適切な睡眠時間の確保が必要だ」と話す。

 睡眠を促すメラトニンといった薬物治療や、朝になると寝ていてもタイマーで光を浴びる高照度光療法、規則正しい食事や運動で正常な睡眠リズムを身につける治療などが行われる。しかし完治まで時間がかかるといい、長くて3〜4年要するケースもある。

「睡眠負債」で病気のリスク

 個人差はあるものの、小学生は10時間、中学生は9時間が適切な睡眠時間とされている。菊池センター長は「脳は寝ている間に育つ。睡眠不足だと集中力が低下し、記憶力も落ちるイライラした状態になりやすい」と指摘する。

 総務省の生活基本調査(平成23年度)によると、10〜14歳の平均睡眠時間は8時間35分と、理想の睡眠時間より短いのが実態のようだ。

 同病院の豊浦麻記子小児科部長は、治療を受ける子供たちに共通して、本人や親が自覚のないまま、幼少期からのわずかな睡眠不足が蓄積している点を挙げ、「毎日1時間の睡眠不足が蓄積すれば、体に支障をもたらすこともある」と警鐘を鳴らす。

 こうした状態は「睡眠負債」と呼ばれ、さまざまな病気のリスクを高めるとされている。睡眠不足を回避するためには睡眠の質も問われる。豊浦部長は、目覚めない睡眠▽午後7時から午前7時の間に寝るようにする▽寝る時間と食事の時間を毎日一定にする−ことなどを推奨している。

 子供の睡眠不足の原因として、インターネットもその一つ。兵庫県が昨年行った県内の小・中中学生、高校生計約4千人を対象にした実態調査で、7・7%の子供が1日4時間以上ネットを利用するなど依存傾向が強いとされ、午前0時以降も利用する子供もいた。

 睡眠不足がもたらす悪影響は、生活のサイクルが昼夜逆転することだ。子供たちは幼稚園や小中高校に日中通う。だが睡眠不足により、学校で寝てしまうと、学ぶときに学べず学業に追いつけなくなる。学力の低下は非行、不登校にもつながりかねない。

起きることが苦痛に

 「毎日早く起きることに苦痛を感じた。怠けているだけと思われるのがつらかった」

 東京都小金井市で自分の体験をつづったネットサイト「元不登校からの助け舟」を立ち上げた伊藤佑さん(23)はこう振り返る。

 小学生の頃から睡眠に悩みを抱えていた。9時間以上寝ない日は調子が出ない。授業中に居眠りすることも多く、学校で倒れてしまうこともあった。

 中学生になると起床時間は午前8時、9時と次第に遅くなり、夜も午前2時、3時にならないと寝付けなくなった。遅刻を繰り返し、登校しても保健室通いが続いた。

 「だらしがない」。周囲の冷たい視線を避けるように中学1年の2学期から不登校になった。親からは発達障害を疑われて小児科に連れていかれたが、異常はなかった。昼に運動するなどの工夫をしたが改善しなかった。

 通信制の高校3年のとき、睡眠外来で診察を受けて睡眠のリズムが崩れる「概日(がいじつ)リズム睡眠障害」と診断された。中学校の部活動で帰宅時間が遅くなり、睡眠時間が減ったことが原因とみられることが分かった。薬の治療を続けて回復したが、今も生活リズムを崩さないように気をつけている。

 伊藤さんは「睡眠障害は社会の理解も乏しく、軽い病気と思われがちだが、生きていくうえで非常に困難な病気」と語る。原因が分からずに1人で悩んだ経験から「睡眠障害が疑われたら病院に行った方がいい」と提言する。

睡眠教育広がる…15分仮眠ですっきり

 教育現場では子供たちの睡眠を見直し、生活習慣を改善させる「睡眠教育」(眠育)の取り組みが広がっている。

 兵庫県加古川市の市立加古川中学校では昨年度から中間試験や期末試験前の1週間、昼食後に全校生徒が机に伏して15分間の仮眠をとる「加古川シエスタ」を行っている。

 シエスタとはスペインなどの習慣で昼の時間帯にとる短い休憩時間。

 きっかけは加古川市議会で行われた「中学生議会」で、生徒の提案だった。導入した企業で効率が上がったという事例を挙げた上で、「午後からの授業に備え、全員が落ち着いて過ごす時間は重要。学力向上にもつながるはずだ」と訴えた。答弁した教育長も「やってみては」とゴーサインを出し、試行的に始められた。

 「リラックスして体を休めてください」

 校内放送を合図に生徒たちは机に伏せる。教室ではカーテンを閉めて消灯。オルゴールの音色が流れ、短時間だが気持ちよさそうに眠りについた。生徒たちからは「なんかすっきりした」「気持ちがいい」などと好評だった。

 一方、堺市立三原台中学校では、医師が監修した睡眠教育の冊子を作成して全校生徒に配布。スマホやパソコンの使用時間を決めることのほか、「睡眠不足になると生活が乱れる」「夜にコーヒーや緑茶などを控える」−と睡眠の大切さを教える授業を続けている。生徒の就寝・起床時間を調査し、個別面談も実施している。

 その結果、不登校の3割近くの生徒で睡眠が改善され、登校につながった。当時、同校で睡眠教育に取り組んだ堺市教育委員会の木田哲生指導主事は「長期欠席の生徒に対して一定の効果があった。これまでは心の支援が中心だったが、心と体の支援ができる睡眠教育が広がれば」と語る。

 「子どもの睡眠と発達医療センター」の菊池センター長は「日本の社会全体が夜型になり、睡眠を削って生活している。睡眠の意味や大切さを理解していない大人が多く、それに子供が巻き込まれているのが現状だ」と話している。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索