「母を刺し殺した」 交番に出頭の筆談男を逮捕へ 奈良県警

 12日午後1時35分ごろ、奈良県橿原市内の交番に裸足で血の付いた服を着た男(25)が出頭し、「母を刺して殺した」と筆談で申告した。警察官が同市小槻町にある男の自宅を訪れたところ、女性が首と胸から血を流し、心肺停止状態で倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。県警橿原署は、殺人容疑で男を逮捕する方針。

 同署によると、死亡したのは男の母親で同市土橋町のパート従業員、池本恵さん(54)。現場からは血の付いた果物ナイフが見つかった。

 男は昨夜、腕を負傷した状態で自宅近くを歩いていたところを警察官に保護され、池本さんに引き渡されていた。自傷行為によるものとみられるという。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索