「奈良県国際芸術家村」33年度開村へ 天理で起工式

「奈良県国際芸術家村」33年度開村へ 天理で起工式

 奈良が持つ歴史文化資源の新たな活用拠点となる「奈良県国際芸術家村」(仮称)の起工式が11日、同県天理市杣之内(そまのうち)町で行われた。国会議員や県議ら関係者約70人が参加し、工事の無事を祈願した。平成33年度中の開村を目指す。

 芸術家村の敷地面積は約2・9ヘクタール。国宝や重要文化財が多い奈良の強みを生かし、文化財を活用したり、伝統技術の後継者を育てたりするための複合施設を建設する。

 具体的には、県文化財保存事務所(奈良市)の機能を移転するほか、仏像彫刻など美術工芸の民間修復事業者を集め、文化財修理の現場を一般公開する。技術を学ぼうとする海外の研修生も積極的に受け入れる方針だ。また、観光振興にもつなげようと、敷地内には農産物直売所や農家レストラン、道の駅を設置し、ホテルも誘致。年間55万人の来場を見込む。

 芸術家村の整備事業費は約100億円。費用対効果には懐疑的な見方もあり、県議会でたびたび議論されてきたが、起工式に出席した荒井正吾知事は、「今後発展するためのアイデアはいろいろある。ありきたりでない、クリエーティブな施設にする」と話した。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索