23日午前4時15分ごろ、和歌山市上野町の喫茶店「グランパ」から「煙が出ている」と、通行人から119番があった。この火災で、木造2階建ての店舗兼住宅延べ約150平方メートルがほぼ全焼。経営者の増田起佐子さん(84)が病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。

 和歌山県警和歌山西署によると、増田さんは1人暮らし。1階の店舗部分が激しく燃えており、増田さんは奥にある住居部分で見つかったという。同署で出火原因を調べている。現場は和歌山県庁北側の住宅街の一角。