前愛媛県知事で、愛媛「正論」懇話会の顧問を務めた加戸守行(かと・もりゆき)氏が21日、骨髄異形成症候群のため死去した。85歳。中国・大連生まれ。葬儀・告別式は親族で執り行った。

 東京大を卒業後、昭和32年に文部省(現文部科学省)に入り、体育局長・教育助成局長、官房長を歴任。日本音楽著作権協会(JASRAC)理事長などを経て、平成11年に愛媛県知事選で初当選、3期務めた。

 13年2月には、米ハワイ沖で県立宇和島水産高校実習船「えひめ丸」が米原子力潜水艦に衝突され沈没、9人が死亡した事故では、日米政府との折衝に尽力した。

 知事時代に誘致を進めた学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、29年7月に参議院に参考人として招致され、認可手続きの正当性を訴えた。