岡山市は30日、スマートフォン決済サービス「PayPay」(ペイペイ)を使って市内で買い物をすると、決済金額の最大20%のポイントが還元されるキャンペーンを、今年8月に実施すると発表した。新型コロナウイルスの影響を受けた店舗の売り上げ回復を支援する。

 期間は8月1日〜31日。決済1回あたりのポイント付与上限額は千円で、期間全体での付与上限額は5千円とした。市はこの事業について、6月補正予算で8億円を計上した。

 キャンペーン対象はサービス業、小売業、飲食業など約5400店舗を想定。期間中にも店舗からの参加申し込みを受け付ける。

 大森雅夫市長は同日の記者会見で、スマホ決済との連携について「経済が相当に落ち込んでおり、スピード感を持って消費需要を回帰させる必要がある」と説明。ペイペイの選定理由を「5社の候補があり、その中で利用可能店舗数や利用率など多くの条件を満たしたため」と述べた。