【緊迫・南シナ海】日豪が首脳会談 南シナ海連携を確認 米新政権との緊密連携も 新ACSAに加え年内に共同演習の新協定方針

 【シドニー=酒井充】オーストラリアを訪問している安倍晋三首相は14日午後(日本時間同)、シドニー市内の首相公邸でターンブル豪首相と約1時間半にわたり会談した。両首脳は中国が軍拡を進める南シナ海問題で「法の支配」を重視し、連携して対応することを確認。安全保障や防衛、経済分野などで両国が「特別な戦略的パートナーシップ」を深化させることでも一致した。

 ターンブル氏は会談で、20日に就任するトランプ次期米大統領について「密接に協力を行う」と表明し、安倍首相も「日米、豪米の同盟がアジア太平洋地域で果たす役割の重要性を再確認した。米新政権とも強固に連携していく」と強調した。日豪が参加する環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の早期発効に向け連携することも確認した。

 両首脳は、安全保障関連法の施行で自衛隊が「重要影響事態」で豪州軍にも弾薬などの補給が可能になったことを受け、改定された日豪物品役務相互提供協定(ACSA)の署名式に立ち会った。会談では、自衛隊と豪軍との共同訓練などを円滑化させる新協定について、両国が年内に交渉の妥結を目指すことで一致。安保、防衛分野の協力を加速することを確認した。

 安倍首相が提唱するインドを交えた新外交戦略「自由で開かれたインド太平洋戦略」に対し、ターンブル氏は賛意を示した。

 ターンブル氏は共同記者発表で「日豪関係が真に特別な戦略的パートナーシップになっていることが確認できた。日豪関係は今までになく密接で力強く建設的なものになっている」と強調。安倍首相も「特別な戦略的パートナーである日豪が地域の平和と繁栄のため主導的役割を果たしていくことが今ほど重要なときはない」と訴えた。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる

政治の主要なニュース

政治のニュース一覧へ

15時19分更新

政治のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索