西之表新市長にFCLP反対派、稲田朋美防衛相「早期実現、地元に配慮しつつ検討」

西之表新市長にFCLP反対派、稲田朋美防衛相「早期実現、地元に配慮しつつ検討」

 稲田朋美防衛相は21日午前の記者会見で、鹿児島県西之表市の新市長に市域の無人島・馬毛島で政府が検討する米軍空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)の受け入れに反対する候補が初当選したことに関し、「空母艦載機着陸訓練施設の確保はわが国の安全保障上の重要課題だ。できるだけ早期に実現できるよう、地元の皆様のご意見に十分配慮しつつ検討を進めていきたい」と強調した。

 選挙結果自体については「個別の選挙結果についてコメントは差し控えたい」と述べるにとどめた。

 FCLPは米軍パイロットが空母に着艦するための資格を得るために必要な訓練。馬毛島は平成23年、日米の外務・防衛閣僚級協議(2プラス2)でFCLPの移転検討先として合意された。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる

政治の主要なニュース

政治のニュース一覧へ

10時44分更新

政治のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索