菅義偉官房長官 文在寅大統領政権の南北対話提案と圧力強化「矛盾しない」 

 菅義偉官房長官は18日午前の記者会見で、韓国の文在寅政権が北朝鮮・軍当局者との会談を提案した状況について「韓国政府の提案は離散家族再会や軍事境界線の敵対的行為を中止することを目的としたものだ」と指摘した。北朝鮮への圧力強化で一致した6日の日米韓首脳会談の方針とは「矛盾しない」との認識を示した発言。

 その上で菅氏は「わが国としては対話と圧力、行動対行動の原則のもとに、引き続き韓国を含む関係国と緊密に連携し、北朝鮮に対して、諸懸案の包括的な解決に向けた具体的な行動を強く求めていきたい」と語った。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治のニュースランキング

ランキングの続きを見る

政治の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索