【都議会】「都民ファーストの会」代表選考に異論 音喜多駿都議「密室で決定」、荒木千陽新代表「規約通りだ」

【都議会】「都民ファーストの会」代表選考に異論 音喜多駿都議「密室で決定」、荒木千陽新代表「規約通りだ」

 東京都の小池百合子知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」の代表に荒木千陽(ちはる)都議が選出されたことをめぐり、13日に開かれた都議会「都民」会派の議員総会で「一部の意向で密室で代表が決まった」として代表就任に反対する意見が出た。異議を唱えたのは7月の都議選まで会派幹事長だった音喜多駿都議。音喜多氏は同日、代表決定の手法や情報公開の在り方などについて、10月5日までに議員総会を開いて検討するよう求める申し入れを党側に行ったという。

 代表交代をめぐっては、知事特別秘書の野田数(かずさ)前代表が10日辞意を申し入れた。翌11日午前、小池氏と増子博樹幹事長、山内晃政調会長の3人からなる選考委員会で荒木氏を新代表に選出した。

 しかし、複数の「都民」都議によると、野田氏の辞意や代表決定過程が役員以外の所属都議に事前に伝えられることはなく、同日午後になり新代表決定についてメールで報告があったのみだったという。荒木氏は衆院議員時代の小池氏の秘書を務めた側近。

 音喜多氏は産経新聞の取材に「密室でさまざまなことが決まってきた旧来の都議会を批判して最大会派になったのに同じことを繰り返している」と批判。さらに「執行部は規約通りに代表を決めたというが、所属都議に規約が示されたことはない」と主張し、党側の今後の対応を見守りたいとした。

 13日、都庁で新代表就任会見を開いた荒木氏は「党の規約にのっとって代表に選ばれた。瑕疵(かし)はない」と強調した。そのうえで、音喜多氏の異論には「意見が出ない政党よりも、出るほうが健全で大変喜ばしいこと。しっかりまとめて党運営に反映させたい」と語り、代表選考や規約を含めた情報公開の在り方について検討する意向を示した。

 新代表選出の在り方について「都民」都議の一人は「選び方に異論はないが、音喜多氏の気持ちも分かる。できたばかりの政党で党運営に課題が多いのも確かだ」と指摘。また、知事与党の公明党都議は「決め方に対しては密室との批判が出るのも仕方がない。異論が出たことにどう対応するのか、新代表の手腕が問われる」とみる。

 一方、小池氏は報道陣に対して「透明性には問題ないと聞いている。異議があって質問が出るのは開かれている証拠」と述べた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治のニュースランキング

ランキングの続きを見る

政治の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索