トランプ氏来日時に安倍晋三首相とゴルフ検討 松山英樹、青木功両プロもプレー?

 日米両政府が11月上旬で調整しているトランプ米大統領の来日に合わせて、安倍晋三首相とトランプ氏がゴルフを行う方向で調整していることが13日、分かった。政府関係者が明らかにした。両首脳がゴルフを共にするのは2月以来。日米両国の緊密な関係を内外にアピールする狙いがある。

 ゴルフは関東の名門コースでのプレーを想定しており、日本人プロも一緒にラウンドする方向で調整している。米ツアーで活躍する松山英樹選手や、日本ゴルフツアー機構の青木功会長の名前が挙がっている。

 トランプ氏の来日をめぐっては、9月8〜10日に日本で初めて開催されたゴルフ米シニアツアー「PGAツアーチャンピオンズ」に合わせて日本政府が米側に打診していた。しかし、北朝鮮が9日の建国記念日に合わせて挑発行動に出る可能性があったことから、9月の来日は見送られた。

 両首脳は2月に安倍首相が訪米した際、米南部フロリダ州パームビーチのゴルフ場2カ所で計27ホールを回った。このうち18ホールはトランプ氏の知人で南アフリカ出身のプロゴルファー、アーニー・エルス氏らも一緒にラウンドしている。トランプ氏来日時のゴルフは、この返礼の意味もある。

 両首脳は、トランプ氏の大統領就任前の昨年11月にニューヨークで初めて会談した際、安倍首相がゴルフクラブ、トランプ氏がゴルフウエアをプレゼントした。今年5月にイタリアで会談した際には安倍首相が「残念なのは、今回はゴルフができないことだ」と述べるなど、ゴルフは両首脳の共通の話題となっている。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治のニュースランキング

ランキングの続きを見る

政治の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索