【TPP11】承認案が衆院通過、野党は茂木氏不信任案で対抗

【TPP11】承認案が衆院通過、野党は茂木氏不信任案で対抗

 米国を除く11カ国で署名した環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の承認案が18日、衆院本会議で与党などの賛成多数で可決された。憲法の規定で参院送付後30日で自然成立するため、6月20日までの今国会での承認が確実になった。

 立憲民主、国民民主、共産、自由、社民の5野党は「問題の多いTPPの発効を強引に進めようとしている」として、TPPを担当する茂木敏充経済再生担当相の不信任決議案を衆院に提出した。これを受け衆院内閣委員会は18日のTPP関連法案の審議を中断し、散会した。

 立憲民主党の枝野幸男代表は不信任案提出について記者団に「国会運営の乱暴狼藉(ろうぜき)に対抗するため、許されている手段を駆使する」と説明した。与党は22日の衆院本会議で茂木氏の不信任案を否決し、関連法案の早期の委員会採決を図る。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索