東京五輪で3祝日移動 改正五輪特措法が成立 

東京五輪で3祝日移動 改正五輪特措法が成立 

 2020(平成32)年東京五輪・パラリンピックでの輸送、警備の円滑化を目的とした改正五輪特別措置法が13日、参院本会議で可決、成立した。「海の日」(7月第3月曜日)を五輪開会式前日の7月23日、「体育の日」(10月第2月曜日)を開会式当日の7月24日、「山の日」(8月11日)を閉会式翌日の8月10日に移し、都内の渋滞を緩和する。

 各国の選手や要人の移動が増える期間を休みにし、交通規制や警備をしやすくする狙いがある。土曜、日曜を含めると開会式前後は4連休、閉会式前後は3連休となる。平成33年以降は通常の祝日に戻す。

 禁止薬物使用を取り締まる初の国内法となるドーピング防止法や、「体育の日」を32年から「スポーツの日」に名称変更する改正祝日法、「国民体育大会」の名称を35年から「国民スポーツ大会」に改める改正スポーツ基本法も成立した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索