党首討論夜間に…進次郎氏ら提言

自民・小泉進次郎氏主導の国会改革議連、提言案を大筋了承 夜間の党首討論定例化

 自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長が事務局長を務める超党派議連「『平成のうちに』衆院改革実現会議」は12日、国会内で会合を開き、党首討論の夜開催などを求める提言案を大筋で了承した。19日の会合で正式決定し、大島理森(ただもり)衆院議長や古屋圭司衆院議院運営委員長に申し入れる。

 提言は、党首討論の2週間に一度の夜開催の定例化▽タブレット端末活用など国会審議でのIT化の推進▽女性議員が妊娠・出産した際に代理投票を認めるなどの特例措置−を求めた。

 会合後、小泉氏は記者団に「与野党の利害を超えて、一つでもいいから国会改革の風穴を開けたい」と述べた。


今日のニュースまとめ

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索