橋本聖子五輪相は25日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて東京五輪を1年程度延期するとした根拠を問われ、「2年以上になると東京開催からかけ離れる。アスリートが主役であり、(コンディションなどを考えると)1年程度が妥当だ」と述べた。立憲民主党の田島麻衣子氏の質問に答えた。

 橋本氏は「現下の感染症の広がりの状況を見ると年内は難しい」とも語った。

 田島氏は橋本氏の答弁に納得せず、「来年9月までの自民党総裁の任期に合わせたのか」「7月の都知事選に関係しているのか」などと立て続けに問いただしたが、橋本氏は「全く関係ない」と否定した。