昨年の参院選をめぐる公職選挙法違反事件で、広島地検に公設秘書が公選法違反(買収)の罪で起訴された自民党の河井案里参院議員は25日、世耕弘成参院幹事長と末松信介参院国対委員長と面会した。世耕氏によると、河井氏は引き続き議員活動を続けていく意向を示したという。

 面会は河井氏から状況を聴取するため、世耕氏側が要請した。河井氏は「裁判の状況をしっかり見守りながら議員活動を続け、裁判で事実が明らかになり、決定が出たら従いたい」と語ったという。

 一方、立憲民主党など主要野党は同日の国対委員長会談で、案里氏と夫の克行前法相について、衆参両院の政治倫理審査会を開き、夫妻に説明を求めることを決定。自民党の森山裕国対委員長と末松氏にそれぞれ要求した。