群馬県常総市長選は7月5日の投票日に向け、新人の元県議、飯田智男氏(60)と、現職の神達岳志氏(51)の無所属の2人が舌戦を繰り広げている。神達氏の主張や横顔を紹介する。

 「常総市に拠点を作りたい」と、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)常総インターチェンジ(IC)付近に道の駅を核とする、食と農と健康の中核となる「アグリサイエンスバレー構想」を進める。

 IC周辺から水海道の中心市街地や石下地区の豊田城などをめぐってもらい、市内の活性化や首都圏からの誘客、企業誘致などで街づくりをする考えだ。

 大学を卒業後、住宅メーカーの営業を経て、家業を継いだ。青年会議所でまちづくりにも奔走。県議3期を経て市長になった。「水害がなければ、市長にはならなかった」と明言する通り、ソフトとハードの両面で、水害からの復興・復旧に尽力する。

 1期目の実績として「防災先進都市」を掲げ、各地区での自主防災組織の結成や、防災に関する知識や技能を持つ「防災士」の資格を市民や市職員に取得させたと強調する。

 「暗いと不平を言うよりも、自ら明かりをともす勇気を持とう」というのが座右の銘だ。(篠崎理)