さいたま市は1日、従業員12人の新型コロナウイルス感染が確認されクラスター(感染者集団)が発生したと認定している同市大宮区のキャバクラ店「クラブグランデ」に関し、男性客2人の感染も判明したと発表した。

 市によると、男性2人は市内在住の30代と40代。このうち40代男性は6月30日に感染を確認していたが、同店に出向いていたことが7月1日に分かった。

 市は、6月30日に感染が判明していた市内在住の20代女性について、同店とは別の大宮区のキャバクラ店に勤務する女性従業員だったことも明らかにした。

 従業員や客の感染が相次いでいることを踏まえ、埼玉県はキャバクラ店への休業要請の再度実施も視野に、7月2日に開く専門家会議で意見聴取を行う。