【大相撲名古屋場所】朝乃山が1敗キープ、大荒れの場所で存在感「流れは作れている」

 横綱不在に加え、栃ノ心も休場して混沌としてきた場所で朝乃山が存在感を発揮している。新入幕の明生を下して1敗をキープ。トップを快走する御嶽海をぴたりとマークし、「しっかりと流れは作れている」と好調を自覚する中盤戦だ。

 「新入幕には負けたくない」と貫禄を示すはずだったが、主導権を握られ続けた。押し込まれながら、「取れていなかったら負けていた」と命綱の左上手をつかむ。土俵際での逆転の突き落としにつなげ、「白星は白星」と胸をなで下ろした。

 近畿大から平成28年春場所で初土俵を踏んだ24歳。188センチ、165キロの体を生かした四つ相撲が武器だ。翌年春場所の新十両昇進によって、前場所で関取不在という明治11年の高砂部屋創設以来初の事態に陥った名門を救った星でもある。

 場所に出続けている大関勢もすでに高安が2敗、豪栄道が3敗を喫している。御嶽海も三役で2ケタ勝利の経験がなく、優勝争いの行方は読めない。「ここから上位に当たると思う」と気合を入れる成長株が大荒れの場所をかき回す。(奥山次郎)


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索