大相撲の横綱鶴竜(34)=モンゴル出身、陸奥部屋=が初場所5日目の16日、休場した。師匠の陸奥親方(元大関霧島)が東京都墨田区の陸奥部屋で取材に応じ、「左足首が痛くて踏ん張りがきかない」と休場理由を説明した。鶴竜は3場所連続の休場。白鵬も4日目から休場しており、昨年9月の秋場所以来となる横綱不在の場所となった。

 鶴竜は場所前の発熱などで、不安を抱えながら初日を迎えていた。陸奥親方は「期待されていて焦りもあったのかな」と指摘。前日に白鵬が休場し、「余計責任を感じていたと思う」と横綱の心中を察した。

 今後については、「体のことは本人しかわからない。できる運動をやってしっかり稽古できる体になれば。まだ気持ちは切れていないので」と話した。

 鶴竜は初日に遠藤、3日目に北勝富士、4日目に妙義龍に敗れて金星を配給。4日目を終えて1勝3敗の成績だった。